キンタマーニ高原について

キンタマーニ高原ってどこにあるの?

キンタマーニ高原はインドネシア共和国バリ州の東部にある(海抜1500メートル程度)高原です。キンタマーニ高原は、バリ州バンリ県の行政領域内にあります。

キンタマーニ高原は、活火山であるバトゥール山(キンタマーニ火山として知られているようですが、バトゥール山が正解です。)とそのカルデラ湖であるバトゥール湖を見渡せるパノラマビューの広大なカルデラ地帯です。ペネロカン村やブンカー村、バトゥール村、キンタマーニ村のような周辺の村も観光に見えられる方々に広く知られているようです。

キンタマーニ高原周辺のツアーはバリ島の主要な観光会社で提供されています。

キンタマーニ高原へ行く方法

お車で

キンタマーニ高原へはバリ島南部リゾート・エリアから2種類のルートがあります。ウブド経由(でウブドから約45分)と、ブサキ経由(でブサキから1時間)です。また、バンリ県内から(約30分)もお越しいただけます。

バリ島北部リゾート・エリアのシンガラジャからも(約1時間)海岸沿いの道路の東側を走らせてお越しになる方法もあります。すべての自家用車(レンタカーの場合も同様)はキンタマーニ高原エリアに入る手前で、一名様あたり10,000ルピアの入場料金を支払います。お支払い後、領収証を受け取ることをお忘れにならないでください。これはキンタマーニ高原エリア内で有効で、領収証の再提示を求められた場合にご提示ください。

※バリ島南部リゾート・エリアからお車にてお越しになられる場合、上記所要時間プラス約90分の旅となります。

レンタカーを探すのは簡単です。バリ国際空港(ングラライ国際空港)内でも、お車のみはもちろん、運転手付きのお車も手配は簡単です。
また、弊社でもレンタカーをご用意させていただいています。お気軽にお問い合わせください。

バイクで

キンタマーニ高原は、その涼しい気候とパノラマの景色を望むのにツーリングは最高の手段ではないかと思います。人気の観光エリア内でレンタルされる場合、25,000ルピア~50,000が相場です。(車種などによって料金は異なります。)また、手続きの際にいくらかの預金またはパスポート(その場でコピー)を必要としますので必ずお持ちになってください。

べも公共交通機関(ミニ・バス)で

キンタマーニ高原へは、ウブドのバス・ステーションからと(料金は25,000ルピアくらい)デンパサールのバトゥブランにあるバス・ステーションからミニ・バスが出ています。

天気と気温は?

バリ島は亜熱帯気候ですが、キンタマーニ高原は標高が高いので、クタやレギャン、スミニャックのといった沿岸地域に比べて夜は約15度も低く、島内の避暑地としても人気のある観光名所です。さらに、曇りや霧雨などの天候と相まって、セーターやジャケットが必要な場合もあるかと思います。お出掛けの時には1着お持ちになられることをお薦めします。

使われている言語は?

キンタマーニ高原にあるほとんどのホテルやレストランでは、英語が通じます。また旅行代理店やツアーのガイドの多くは英語を理解しています。(※ご要望に応じて日本語ガイドを無料で手配させて頂いています。お気軽にお問い合わせくださいませ。)

公用語はインドネシア語で、ローマ字で書かれており、ヨーロッパの正書法に基づいています。ほとんどのキンタマーニの人はよくインドネシア語を話すことができますが、地元の人々の間で常用しているのはバリ語(キンタマーニ地方の方言)です。